NEWS

4月16日から土用に入ります。季節と運気の調整期間です。

4月16日から土用に入ります。これは5月4日まで続くもので、土用が終わると「立夏」を迎えます。

土用と聞くと夏の土用、特に「土用の丑の日」を思い浮かべる人が多いと思いますが、実は土用とは「四季が切り替わる時期」を意味する言葉ですので、春夏秋冬の終盤すべてにあります。

暦(こよみ)における春から夏の切り替わりとは、春の土用から「立夏」を迎えるまでの約18日間に相当します。同じように、夏から秋への移行であれば、夏の土用入りから立秋を迎えるまでの間ということになります(夏の土用では暑中見舞いを出す時期ですね)。

ちなみに、土用という言葉は「土旺用事」の略語です。まず「用事」というのは「働きや作用」のことだと考えてください。

そして、土旺とは中国の古代思想である五行説における土行(物事の変化と調整を司る力)が旺盛になる時期という意味です。春は「木」行、夏は「火」行、秋は「金」行、冬は「水」行に対応づけられますが、四季それぞれの境目に「土」行が入ることで季節が徐々に変化しながら調整されていくのです。

それを踏まえて今回の春の土用を考えてみると、春の「木」行(物事を始動させたり成長させるエネルギー)から、夏の「火」行(物事に勢いをつけるエネルギー)へと移行するための調整役として土行が働くことになります。これは季節の間にある関節のイメージで考えてもよいでしょう。

世の中全体としては「土」の要素が多くなるので、少しニブい雰囲気になりがちですが、実際は一人一人の四柱推命タイプによってその影響は変わってきます。
さらに、自分の四柱推命タイプと生まれた季節とを合わせて考えることで、土用期間をもっと有意義に過ごせるようになるのです。

四柱推命とは季節の変化がその人に与える影響を読み取る占いです。季節に合わせて生きることで、運気もまた正しく巡っていくという思想があるのです。



 ここからは四柱推命タイプ別の土用期間の運気アドバイスを紹介します。