NEWS

3月31日、火星が水瓶座に移動。 翌日には土星と重なり、新たな旅の始まりを告げます

3月31日に情熱を司る星・火星が水瓶座に移動します。
この滞在は5月13日までの約1ヶ月半続くものです。

火星は人々に情熱を注ぎ込んでいく星です。戦闘の星とも呼ばれることからもわかるように、火星の情熱は本来的に激しいもので、その目的を達成するために人々の気持ちを強く刺激します。
火星のこの攻撃的なエネルギーが良い方向に出れば物事が圧倒的に進むことになり、悪い方向に出れば周囲との軋轢などを呼び起こします。
この火星の強さをうまく使いこなすのは、人々にとっての大きな課題なのです。

そして火星が水瓶座に滞在する1ヶ月半、火星は理想主義的に新しい方向性を打ち出したり、古い慣例や悪習を変えようと行動しているときに最もいきいきとします。逆に、安定していて変える必要がない場合に感じる欲求不満を感じることになります。人々と繋がることで新しい希望を見出す時なのですが、その希望の火がなかなか見出せないもどかしさもあります。

現在、世界中が新型コロナに覆われて行動を制限されていますが、火星はこういった「覆われる」圧力に対して、強く反発をします。占星術的にも現在、火星と近い場所に土星、木星、冥王星という重量級の星がひしめいており、ある意味火星の持つ「改革したい!」というエネルギーを押さえ込む形になっています。

しかし、いま社会は一気に変化しようとしています。コロナに覆われた現在はその奥底で変化の形を探っているような状況であり、収束が見え始めた時に始めて、新しい世界の姿が立ち現れてくるはずです。

だからこそ今、火星の司る情熱、古いものを変えて新たな理想に向かうエネルギーがとても大切となるはずです。もちろんこれは不要不急の外出を勧めるものではありませんが、火星が注ぐ情熱を「未来」へと向けていくことは、世界中の誰にとっても今最も必要なこととなっています。
そして火星が水瓶座に滞在する1ヶ月半、人々は新たな結びつきを探る期間になっています。これまでの関係性とは違う、よりクリアでフラットに世界が結びつくために火星が全力で働くイメージが浮かぶのです。

特に4月1日には火星と土星が重なります。
土星は3月22日に約3年ぶりの大移動をしたばかりで、今後約3年かけて人々に新たな課題を与えることになるのですが、移動直後のタイミングで火星と重なるということに何か大きな意味を感じます。

その影響は人それぞれとなりますが、それぞれにとっての新しい世界を形作るための、大きな始まりの合図と思えてならないのです。

そして、火星が与える具体的な影響はその人の12星座タイプによって変わります。以下のアイコンから自分の星座を選んでください。


※自分の星座タイプ、四柱推命タイプがわからない人はSOLARITAサイトに無料登録すれば知ることができます。SOLARITAサイト

12星座別、火星があなたに注ぐ情熱の形とは?

より広い世界を求める長い旅、火星はその行き先を照らし出す

今後3年かけてたどり着く「社会的成功」へ、第一歩を踏み出す

混乱する世界に、全く新しい出会いに出会う可能性

あなたの「秘められた場所」を火星が照らし出す

ソウルメイトを見出す長い旅路、その意味を知る期間

今いる場所に埋まっている宝石を見出すこと

「世界に働きかける」ことで価値を生む使命を自覚する

情熱にしたがって動けば、あとから道ができていく

あなたを中心としたコミュニケーションが言葉を磨く

長かった試練の期間を抜けた、一つの達成の合図

人生の第二章を迎え、新たな旅路が浮かび上がる

不思議な情熱が語りかけるのは、身軽になれとの暗示