NEWS

3月3日は「桃の節句」、雛祭りの日です。

桃が暦(こよみ)の中で登場するのは七十二候の「桃始華(桃始笑)」(ももはじめてさく)があり、この季節が始まる3月10日あたりから桃の花が開き始めると昔の人は見立てました。

そして、その半月から1か月ほど後、旧暦の三月上旬の巳の日(上巳:じょうし)、桃の花が盛りとなったころに川で身を清めたり、桃の花を浮かべた酒杯を小川に流してそれ取って飲むといった、遊び心のある風習が生まれたようです。それが今でいう「桃の節句」で、中国は魏の時代に三月三日に行うことが定着していったとされます。

ちなみに日本の平安時代では、桃の花をお酒に浮かべて飲むことは「曲水の宴」として宮中行事になりました。また、“清めの風習”も日本に伝わりましたが、身を清めることから邪気を祓うことへと形を変え、草を束ねて編んだり、土や紙で作った小さな人形(ひとがた。形代ともいう)に穢れを託し、川に流して清めるという行事になりました。この「上巳の祓」が後世、「流し雛(ひな)」として伝承されていきます。

もともと節句は「節供」から転じたもので、正月の鏡餅や七草がゆ、三月の桃、五月の菖蒲、七月の笹や星、九月の菊と、それぞれ身を清め邪気を祓った後に周りの者と一緒に飲食を共にすることを「供」と呼んだのです。こうした折り目の時期に身の内外から祓い清め、その状態を皆で共有することで吉祥の相乗効果が生まれやすくなるのだと思われます。

さて、桃の節句はその後も形を変え続けていきます。貴族社会から武家社会を経るなかで、人形は穢れや災厄を託されるものとしてではなく、愛でられる人形(にんぎょう)として女の子に贈られるようになっていきます。さらに江戸時代の元禄のころからは、市井の人々にも広まっていったとみられています。争いのない時代が続くなかで次第に豪華な雛壇が飾られはじめ、その風潮が今の「雛祭り」の様式美へとつながってきたのです。

旧暦3月というのは春分(3月20日)以後のことですので、その上旬(10日間)となると新暦での3月下旬から4月中旬に当たります。地方によっては桜も美しく咲いているころですね。桃や桜の花びらを盃に浮かべて遊んだかつての「桃の節句」は、現代では「桜の花見」となり、お雛様はお内裏様とペアになり、加えて三人官女に五人囃子、随身、衛士などを控えさせる立派なものへと姿を変えたわけです。

春の陽気に支えられ、心も新生活や新たな人間関係にウキウキ・ドキドキし始めるころ。桃色は若々しさや初々しさの象徴でもあるでしょうから、これまでにどんなことがあったにしても心機一転、何事にも新鮮な気持ちで取り組んでいこうと決心するにはぴったりの時期だろうと思います。