NEWS

2月24日は新月。占星術的に一年の最後の新月で「過去」と繋がる時です

2月24日0時31分、魚座の世界で新月を迎えます。
新月は一つの「終わり」と同時に新たな「始まり」をもたらします。前回の新月で生まれた光が満月を経てこの新月へと消えていき、その直後におまた新たな光が生まれる。というのが一つのサイクルです。

今回の新月が少し特別なのは、これが一年の最後の新月でもあることです。
占星術では春分を新たな始まりの地点としているので、この新月は春分前の最後のもの、つまり一年のサイクルの「終わり」の新月なのです。この新月の光が満ちて、3月10日には満月(スーパームーン!)となり、3月24日にスタートの地点である牡羊座で新たな年の新月を迎えます。要するに、一年単位の「終わり」と「始まり」の時ということです。
さらに言うと、この魚座の新月は「変革」を導く新月であるように思えます。その理由を解説します。

魚座はいまとても活発に動いている状態です。ここには今逆行している水星が滞在し、そして魚座の守護星である海王星も長期滞在中でその働きを強めています。海王星は境界線を気にしません。というより、むしろ境界を溶かしたり超えたりしようとします。それは海王星の根源的な欲求として「すべてと一体になりたい」という思いがあるためです。そして、この「すべてと一体になる」という動きが魚座の世界の特徴です。あらゆる境界や垣根をあいまいにして、氷の都市が熱で溶けて水になっていくように、根元の世界に戻っていくイメージです。

これはいい悪いということではないのです。もしこの「境界線を超える」という性質がウイルスの伝染を後押しすると大変なことになるのは明らかです。でもその一方で、人々の共感を生み出したり、善意を一つにするという働きもしますし、「平和の実現」などのスローガンに向かって各国が手を取り合うという現実も作り出します。惑星そのものに吉凶があるわけではなく、私たちの意識それ自体に左右されるのです。

この魚座の新月の瞬間、ものごとの境界が溶けて新たな繋がりが生まれます。そしてそれは「過去」と関係がありそうです。過去に縁のあった人、出来事、情報、あるいは場所と再会する可能性があります。そしてその再会から新たな可能性を生きることになる人もいるでしょう。例えば過去の恋人と出会うことで、新たな交際につながる。あるいは心の整理がついて今の生活に戻る、などなど。魚座の「すべてが一体となった世界」とはこれまでのルールが崩れて思いもよらない「繋がり」や「縁」が生まれる場所だからです。

再会のパターンは人それぞれ無数に存在することになりますが、この時期(特に3月10日の満月まで)の「過去と出会い」はポジティブにとらえていいものです。何より大切なのは、出会いがあった時に受け入れることです。例えば「前例がないから」「好みの人でないから」「意味がわからないから」といって出会いをシャットダウンしないことが大切になってきます。新月はきっかけをくれるにすぎません。結局あなたがどう行動するかによって結果が大きく変わってくるのです。

これは占星術や四柱推命(暦)の全てのイベントについて言えることですが、やはり、運命を感じたら自ら動くことが一番大切なのです。

新月が与える影響は、あなたの星座によっても変わります。より詳しく知りたい人は、以下から自分の星座の運勢を確認してください。

※自分の星座タイプ、四柱推命タイプがわからない人はSOLARITAサイトに無料登録すれば知ることができます。SOLARITAサイト

12星座別、新月があなたに与える影響は?

一年の総決算の新月。自分のことを知り、新たな「始まり」の準備を

「過去」とのコミュニケーションに新たな「始まり」を見出す

懐かしく馴染み深いものとの再開、それを今の自分に取り入れる

流れに乗る、あるいは乗らざるをえない不思議な時間

これまでの努力に区切りがつくなら、新たな関係性が浮かぶ

普段はしないチャレンジを決意する時。援助も期待できそう

「深い場所からの脱出」と「遠くへの旅立ち」が訪れる

夢や可能性を現実にする流れ。高みを目指す!

自分のできること、すべきことへ向かう意欲が訪れる

強い運気が取り巻く中での新月。夢に駆り立てられる

自分の行動に不思議な力が働く。あなたが誰かを支えることも

強い運気があなたを「過去との出会い」に導く