あなたの運命

火(丁)タイプの「庚子」年の運勢

火力を全開にして、「道しるべ」となる運命を自覚すべき年

2月4日から始まるの「庚子」年は、火(丁)タイプのあなたにとっては「自分を強くもつ」ということが、いつにもまして大切な年になります。火(丁)タイプは四柱推命では「文明の火」にたとえられます。例えば料理でいえば、火を通すことで生ものを安全に食べることができるし、その火力の使い方次第で同じ素材からさまざまな風味を引き出すことができます。人々は「火」のおかげで安全で豊かな食生活を手に入れることができるわけです。火(丁)タイプの運命は、このように独自の知恵や技術をもって人々を導く役割を持っているのです。

運というのは不思議なもので、料理の火加減に似ていると思えることがあります。「庚子」の今年、あなたはとろ火や弱火でチョロチョロと煮込むような感じではなく、ステーキに焼き目をつけて風味を立たせるくらいの火力が必要な年のようです。この比喩の意味は、あなたが目標にしていることが何であれそこに全力を傾けることが必要ということです。あなたの持つ火力を全開にして、分厚いステーキを焼ききるくらいのパワーが出せれば、とても大きな達成をできる年周りなのです。ただ逆に言えば、そこに向けるエネルギーや勢い、情熱、臨機応変なセンスといったものがなく、ただダラダラとやっているだけではあまり良い成果が得られない、ということになってしまいます。場合によっては平凡という評価どころか、つまらないとか面白くないといった不評を得てしまうことにもなりかねません。