NEWS

1月20日、太陽が水瓶座に移動。新たな「目標やテーマ」が訪れます。

1月20日の深夜23時54分、太陽が水瓶座に移動します。そして2月19日まで太陽はこの水瓶座の世界に滞在します。

太陽は「目標やテーマ」を与えてくれる星です。そして1年をかけて12星座を一周していきます。つまり、一か月で一つの星座を渡って行くのですが、どの星座に太陽が滞在しているかによってその月「目標やテーマ」が変わっていくのです。

「目標やテーマ」といっても、押し付けられるものではなく、あくまでも一人一人の自由意志に委ねられた状態での目標です。やらなければやらないで怒られたりはしませんが、太陽が与えるものを無視していると、生活の歯車が少しずつずれていく可能性はあります。

というのも、太陽によって朝と昼と夜が生まれ、太陽の運行によって季節が変わります。つまり太陽という星は人々の毎日の生活に「時間」を与えてくれるのです。「目標やテーマ」というのは時間をかけることにより達成できるものなので、太陽があなたに与える「目標やテーマ」を一ヶ月間かけて達成していくことが大切で、星に沿った生き方と言えます。

そして、水瓶座に太陽が滞在するこの一ヶ月は、人々は窮屈な部屋に居続けたときのように新鮮な空気を求めるようなになります。例えばエアコンをつけたり、窓を開けて換気をしたりするのと同じように、息詰まるような環境を改善したいと望むのです。もちろん一人一人の状況や環境によって、その程度は変わってきますが、新しい風を求める空気が世界中を包み込む時なのです。

水瓶座の人は自由な気風を好むだとか変わっているとか、あるいは変革の人だとかと言われるのは、新鮮な空気を求めるという運命の基本性質から来ています。流れに乗ればとても遠くまで一気に進む、という運命を持っています。現代社会はテクノロージーによる急激な変化の最中にありますから、水瓶座のこの精神は他のどの時代よりも重要になっています。新しい技術や価値観、考え方が生まれれば、それに伴って社会では法整備が求められ、今までのあり方を大きく変えていくことになります。こうした潮流を見つけて乗りこなすには、水瓶座の気質が不可欠なのです。

つまり太陽が水瓶座に滞在する1月20日〜2月19日までの一ヶ月間は、「変革」と「風」が私たちのテーマであり目標となります。流れに逆らわずに、流れに乗ることを意識してください。

大切なのはこの時間の支配者である太陽があなたに求めていることを知ることです。そして、水瓶座の太陽が人々に与える「目標とテーマ」は、その人の星座(太陽星座)によって変わってきます。

ここでは太陽が水瓶座に滞在する今後1ヶ月間の12星座別「課題とテーマ」をお伝えします。(この文章を全て読むにはSOLARITAプレミアム会員であることが必要です)

12星座別、水瓶座の太陽があなたに与える「課題とテーマ」とは?

太陽が水瓶座に入る季節、牡羊座のあなたは「つながり」がテーマとなる

「受け入れる」がテーマ。今ある関係・環境の良さに感謝することで、前向きな転換へ

「好きを追求すること」がテーマ。いつも新鮮な心でいるために子供心を思い出す

「職場環境や人間関係の改善」がテーマ。つい批判的になりがちな点には注意

お互いに引き合い振り回し合う関係に縁あり。お互いに足りない部分を補うこと

向き合うべきことを素直に受け入れて向き合うとき。心の成長のための一歩を!

「高い」場所にある思想を「現実」に導くことがテーマ

自分が主導することでの経験値を積み上げるとき。二つの顔を持つこと意識

「フィットする感覚」を引き寄せる流れ。夢や目標があることの強さを実感するとき

迷宮に迷い込んだような時。「決心」により、現実に何かできることを見つける

一つの旅を終え「ホーム」に戻り「生まれ変わり」をすべき時

ちょっとした決意と変化によって、運気を巡らせることができる時