あなたの運命

太陽が蠍座の人に授ける「テーマ」(1/20〜2/19)

自分が主導することでの経験値を積み上げるとき。二つの顔を持つこと意識

1月20日の深夜、太陽は水瓶座へと入っていきます。占星術では蠍座は「水」の性質をもっており、一方の水瓶座は「風」の性質を持っています。この二つは表面上あまり折り合いがよくありません。水は一か所に集まり結合しようとしますが、風は四方八方へと散ろうとする、というように性質を異にするからです。
だから、太陽が水瓶座に滞在する1ヶ月(1月20日〜2月19日)は、例えば何か一つの作業に集中しようとすると気を散らそうとする人が現れたり、電話がかかってきたりするような、ちょっとイラッとする流れがでてきがちです。自分としては真剣に取り組みたいのに思うようにできないジレンマを感じやすいわけです。